ハイエースの車両保険を安くする3つの方法

 2014年 秋に大手保険会社が保険料改定(実質値上げ)をしました。実際に1年間
無事故で1等級上がったにも関わらず翌年の更新で約3万円も保険料が上がった例もあり
ます。


 地域や車種によって事故率が変わってくる為、保険料も変わってきます。2013年ま
で盗難被害件数NO.1だったハイエースは当然保険料も高くなってしまいます。今後、
運転者高齢化、人口減少による自動車保有台数の減少などでさらに自動車保険料は高くな
っていくことが予想されます。そこで、ハイエースの自動車保険、車両保険を安くする方
法を紹介します。

 1番目。事故をしない!
当たり前と言えばそうなんですが、これが一番効きます。一度保険を使ってしまうと3等
級も下がってしまいます。そして今は事故歴(保険を使ったこと)があるかないかで同じ
等級でも保険料が違う仕組みです。万が一、事故をしてしまった時も修理費用の金額次第
では保険を使わない方が結果的に負担金額が少ない場合がありますので、保険会社の担当
に相談してみてください。

 2番目。車両保険の種類を変える。
補償範囲の広い「一般車両保険」と補償範囲が一部限定された「車対車限定車両保険」の
2種類があります。補償内容が一部限定されている「車対車限定車両保険」の方が保険料
は安く済みます。ただし、契約する保険会社によって補償内容が変わりますので確認が必
要です。特に盗難、いたずらの際に車両保険が適用されるかは要注意です。補償内容と保
険料のバランスで検討してみてください。

⇒価格.comで自動車保険を見直してみる



 3番目。免責金額(車両自己負担額)の変更。
初めて車両保険を使う場合に自己負担額が0円なのか、5万円なのか10万円なのかで、
車両保険料は年間で約1万円も違う例があります。

⇒価格.comで自動車保険を見直してみる